So-net無料ブログ作成

2stアドレス110 キャブOブロー '180326 [2st アドレス110]

2stアドレス110の点検整備記録であります。
pt2018_0323(B5).JPG
・昨日(3/26)往路走行中エンジン被りの症状とともに失火しエンジン停止しました。
一昨日(3/25)キャブレターのフロートバルブ等の交換に伴う液面不良によるものかプラグ点検すると完全に濡れた状況でありましたので予備プラグに交換後再稼働となりました。
 ・約3Kmほど走行するとまたも同事象発生であります。
 再度プラグ交換後再稼働をセルにて試みましたが突然キャブオーバーブローを起こしたため、何とかキャブレータをインマニ部分より取り外しフロートバルブのステーを若干1mmほど上げ気味に調整の上組み付けしました。 バッテリーも弱っておりましたのでキックにて何とかエンジン再稼働いたしました。 その後の走行では停止時に時々キャブ周りを確認しましたが再発はありませんでした。
 *考察するとフロートバルブの交換による当りなじみがスムーズにできてなかったのではと思われます。 引き続き液面チェックなど点検し様子を見てまいります。

*追記:↓3/27 走行後にガソリン抜き取り量確認(約26cc)
bt2018_0327.JPG
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。